新商品「しばれる町の焙煎黄耆(おうぎ)葉茶」完成しました!

更新

お知らせ



どのような商品?
 陸別町では、冷涼な気候を活かした「薬用植物栽培」を推進しており、栽培品目の選定と商業化に向けた検討を実施するとともに、食品等への活用法も検討しています。
 今回、第一弾の「高麗人参飴」に引き続き、第二弾として「オウギ葉茶」を発売しました。陸別町産の「キバナオウギ」の「葉」を使用しています。
 開発にあたっては、町内外で試飲アンケート調査を実施するとともに、公益財団法人オホーツク地域振興機構・食品加工技術センターの協力のもと、味や成分、機能性に関する調査を実施してきました。
 独特の風味を持ちながら、黒豆茶のような香ばしい香りを有しており、また後味はすっきりとした飲みやすいお茶に仕上がりました。お茶は冷やした状態でも美味しくいただけます。
 ちなみに、「葉・茎・花」をお茶にしたものを、中国では「ペイチー茶」と呼び、古くから親しまれています。
 
キバナオウギとは?
 キバナオウギはマメ科の多年草植物で、根は生薬の「黄耆(おうぎ)」として利用されます。国内の産地は主に北海道です。
 

おすすめの飲み方

<ホット>
 マグカップにティーバッグを1個入れ、沸騰したお湯を200 mL加えて静置します。1~3分のお好みの濃さで取り出してお召し上がりください。(5分以上静置すると苦みが強くなります)  *そのまま冷蔵庫で冷やしても美味しく召し上がれます。

<水出し>
 ティーバッグ1個に対し、冷水を200 mL加えて冷蔵庫で一晩静置します。ティーバッグを取り出してお召し上がりください。 


 ティーバッグ2個入り:200円(税込み)
 販売場所:陸別町観光物産館(道の駅)
 
このページの情報に関するお問い合わせ先
総務課 企画・財政室 電話番号:0156-27-2141内線:215・217FAX:0156-27-2797