生産性向上特別措置法に基づく導入促進計画

概要

国は平成32年までを「生産性革命・集中投資期間」としてあらゆる政策を総動員することとしており、我が国産業の生産性を短期間に向上させるために中小企業の設備投資を支援する「生産性向上特別措置法」が平成30年6月6日に施行されました。
これを受け、本町では中小企業の生産性向上のための設備投資を促進するため、生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画を作成し、平成30年7月17日に国の同意を得ましたので、先端設備等導入計画の申請の受付を行っております。

先端設備等導入計画の申請方法

1.策定の手引きを読む
 → 申請の流れや書類の記載方法を確認してください。
2.導入促進基本計画を確認する
 → 策定する先端設備等導入計画が、導入促進基本計画に合致するように作成してください。
3.工業会の証明書を入手する
 → 固定資産税の特例をを受ける場合は証明書が必要です。
   ※導入した設備にかかる固定資産税(償却資産)の課税標準額が3年間ゼロ円となります。
   ※詳しく、中小企業庁HPをご覧ください。
4.認定申請書を作成する
 → 策定の手引き及び記載例を参考に策定してください。
5.認定支援機関の確認書を入手する
 → 計画の認定には、認定経営革新等支援機関の事前確認が必要です。
   ※支援機関については、中小企業庁HPでご確認ください。

先端設備等導入計画の提出方法

陸別町役場産業振興課商工業振興担当まで持参または、下記まで郵送してください。
 住所 〒089-4311 陸別町字陸別東1条3丁目1番地
 宛名 陸別町役場 産業振興課 商工業振興担当 

申請から認定までのスキーム図

スキーム図
このページの情報に関するお問い合わせ先
産業振興課 商工業振興担当 電話番号:0156-27-2141内線:135FAX:0156-27-2798